2018年2月20日火曜日

おすすめ絵本6

「くまたくんのおるすばん」
作:わたなべしげお 絵:おおともやすお


この絵本は子どもの頃お気に入りだった本で、中に出てくる空飛ぶ自動車あそびを真似してよくやっていました。

空飛ぶ自動車は、主人公のくまたくんがおとうさんとお留守番中にしていたあそびです。
椅子やおもちゃ箱やテーブルをつなげて自動車にするのですが(背もたれのある軽椅子は左右に倒して羽にします!子供ながらそのダイナミックな遊び方に心うたれてしまい、是非ともやってみたいということになったのだと思います。
度々母が一緒になってこの遊びをしてくれたのでクウォリティーがどんどん上がっていって、子ども心に特別楽しい遊びだった記憶があります。
これが派生してやっていたテント遊びも兄弟で楽しんでいました!

こんな風に物語に出てくる面白いところをまねっこして遊んでみるのは絵本の醍醐味、楽しみ方のひとつだと思います。
家具を動かしたり小物を仕込んだりとなかなか面倒な遊びではあるので、大人の力を借りないと難しいのですが、、大人もウッカリ巻き込まれて楽しんでしまえれば、その仕上がりにワクワクすると思います。
大人になってから、兄や姉の子供たちとも一緒になってこの遊びをやってみたら大ヒットだったので、世代を超えて楽しめるお話なんだな~としみじみ思っています。


このくまたくんシリーズには他にもお勧めしたい良い話がたくさんあります。
このシリーズはどちらかというと盛り上がりも多くなく地味目な話が多いのですが、お勧め本として外せない人気シリーズです。
お話の内容が子どもにとって身近で、くまたくんをとり囲む環境も日本の現代家庭っぽくて共感できるところが多く、しかも挿絵も優しくかわいい絵なので長く親しまれてきたのかなと想像しています。

ちなみに迷子になりがちな子どもだった私には「ぼくまいごになったんだ」という本も印象深く記憶にのこっています。
おもちゃうりばで遊びに夢中になっているうちにおかあさんとはぐれたくまたくん、泣いていたら迷子センターにつれていかれてお母さんを待つという何ともリアルな流れ、、子どもにはグッとくる内容かと思います。

よかったらあわせてチェックしてみてくださいね😊🍀

2018年1月20日土曜日

2018

遅ればせながら、、2018年はじめての投稿です。
今年もよろしくお願いいたします。


先日テレビ番組をなんとなく聴きながらお掃除していたときのこと。

「こわいと思ったらよーく見てみてごらん。よく見てみれば
 たいていのものは大してこわくないものだよ。」

映像を見ていなかったので誰のセリフだったか定かではないのですが
(しかもはうろ覚え・・ですがたぶんプッチマーゴさん「byガラピコぷ~」)
なるほどなあ~とちょっと考えさせられました。


キッズスペースでさっきまでニコニコ遊んでいた子どもさんの中にも
診察室に入る段になると火がついたように泣き出してしまう、、
ということはよくあります。
注射の痛みや処置に対する恐怖感だったり嫌悪感だったり、理由はそれぞれあると思いますが、、
おそらく実際以上に自分の頭の中で大きく膨らんでしまった「こわい」のせいなのかなあと思います。


保育研修でお世話になった病院の病棟保育士さんたちは、入院中の子どもさんたちの恐怖心をやわらげ、できるだけ穏やかな状態で適切な処置を受けられるように処置前にお話ししたり、処置室につきそったりもされていました。
外来保育という場では、そういったきめ細やかなフォローをすることがどうしても難しかったりしますが、子どもたちにとって苦のない診察・処置につなげられるようにお手伝いするにはどうしたらいいか、キッズスペースでできることは何かということを考えています。

お子さんの恐怖心を和らげるためにこうしていますよ、、というお話がお聞きできればうれしいです。そして保育士がお手伝いできることがあればご遠慮なくお声がけいただきたいです。
お子さんの「こわい」とのつきあいかた、一緒に考えさせてください。



よーくみてみたら本当はこわいことじゃなかった~!
と感じてくれる子どもが今年もたくさん増えてくれるといいなあと思っています。